ノルバスクの名前の由来とは

ノルバスク

高血圧症の治療薬として、ファイザーにより開発されたノルバスクは、非常に多くの実績をあげています。
医師が患者を高血圧症と診断したときには、まず最初にノルバスクを処方するというほど、信頼性が高い薬なのです。
ノルバスクは、カルシウム拮抗薬として、有効に機能を果たしています。
カルシウム拮抗薬というのは、血管そのものを広げることによって血管にかかってくる圧力を下げ、高血圧を治療するものなのです。
カルシウムが細胞内へ流入することで、心臓や血管が収縮いたします。
同時に、血圧が高くなるのです。
そこで、カルシウム拮抗薬を服用すると、カルシウムが入り込んでくするための受容体を阻害いたします。
そうすることで、カルシウムが細胞内へ入るプロセスが遮断されますので、血管が拡張するのです。
その結果、血液が円滑に流れるようになります。
カルシウム拮抗薬の作用で、脳や心臓、腎臓などの血液循環を改善することにつながります。
ノルバスクの成分名はアムロジピンで、服用後、6時間ほどで血中濃度が最も高くなります。
そして、血中濃度の半減期は36時間ほどと、非常に長時間にわたって効果を維持するのです。
したがって、効果を発揮するまでの時間が比較的穏やかであるところから、副作用も極めて少ないこともあって、広く普及するに至ったのです。
また、1日に何回も飲む必要がなく、1日1回の服用で大丈夫ですので、飲み忘れのリスクも少ないのも、患者にとってはありがたい話です。
このすぐれもののノルバスクは、英語の「Normalize Vascular」からネーミングされました。
直訳すると、”血管を正常化させる”)から、ノル(Nor)とバスク(Vasc)を持ってきて、「ノルバスク」と命名したのです。